読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

銀河の竪琴弾き

銀河の片隅の出来事をつづります♪  

回顧録Ver4 第?章

 

 

私は銀河の竪琴ひき

 

竪琴を弾かなくなってしまった

でも 手はいつも目の前に竪琴があるかのように

心で奏でている

 

今は地上の宇宙の生命たちと共に 自分の音を奏でている

エネルギーが変わると 奏でる曲も変わる

そして もう一緒に奏でることのなくなることも

遠くにいても 一緒に和音をつむいでいる人

近くにいても 不協和音すら奏でることのない人

 

そうエネルギーが変わると 

もう一緒にいられなくなることを知った

何も響かない音

そんなことも気にならなくなった♪

 

音はシナリオを創っていた

でも竪琴ひきには聞こえない 見えないシナリオもある

しかし そこに それは ある

 

音はシナリオを創っていた

そして竪琴ひきは一緒に 音を紡ぎだとうとした

これから 新しい音は 新しいシナリオを創っていく

叙情詩 「銀河の竪琴ひき」のはじまり

 

        f:id:nicemimi:20151011215407j:plain

回顧録

自分のエネルギーが変わると いえ 共鳴しなくなたら

逢わなくなっていくのだと もう何度経験したかなぁ

この夏から秋に掛けても そのことに気が付くこと

それは形のない想いから 現実世界にやってきた

 

耳を澄ませば本当の自分の音が聞こえる人

この音が聞こえている人に 魅かれる

その叙情詩を奏でている生命に 自らを感じるだろう

 

周囲の雑音が書き込まれた叙情詩/曲を奏でている人

同じ曲とシナリオを持っている人たちと魅かれあう

 

自分の音が分かるのは 

雑音が雑音であることに気が付いたとき

そのとき どんな選択をしてきたのか するのか

 

私は銀河の竪琴ひき

新しい音が聞こえてきた

ある雑音が消えた

 

ありがとう

 

       f:id:nicemimi:20151011215525j:plain