読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

銀河の竪琴弾き

銀河の片隅の出来事をつづります♪  

白雨

 

立春&満月だった2月の第一週♪

これまで踏み出せなかった領域に旅立ったのでした!!

 

自分の変化や決断は ある日突然何事も無かったかのように

過去のこだわりを消し去り 目の前に見える景色を変えてくれます♪

 

そうまるで 白雨が過ぎ 浄化された大地と大空に虹かかかるように☆

 

白雨は ハートの領域にも降り注ぎ

都度 古くなってもう機能しない情報を流してくれました

 

では ここで言う 白雨とはなんでしょう

一般には にわか雨 通りあめ 驟雨と同じ意味です

 

ここで言う白雨は 自分自身がイメージする 純白の光のシャワーのことです♪

テンプレートでも アフォーメーションでも お話ししましたが

とにかく 続けることによって 自分自身が心身ともに強化されます

 

1週間くらい前に 何もしていないとき 嬉しくて 楽しくて

なんか だた ただ喜んでいたら 突然 涙が出て来ました

嬉しいからでも 楽しすぎてでもなく 甘露の涙ではない 涙

なんだろうと 自分に意識を向けてみると

深淵の淵に上昇してきた 自分でないものを受け入れた

刷り込まれてしまったものに対して つまり自分を尊重しなかったこと

本来は 全てが尊いはずなのに 何かによって 閉ざされてしまった

崇高な自分が 「まぼろし」「幻惑」「幻像」から解き放たれ 解放されて

流した涙のようでした とても不思議なひとときを感じました

 

白雨 それは自分を美しくするだけではなく

地域に 日本に 世界に 地球に 宇宙に 

激しくも 静かに 優しく降り注ぐイメージをするだけで

本当に平安が訪れます

 

どんなに古い世界に 人の尊い意識を誘い込もうとしても

ありもしない半分 全部が騙られたニュースとするできこと

たとえある部分では事実であっても 白雨で自分や世界 地球を満たしていると

もう そんな帯域に巻き取られる事はありません

直接はもちろん 意識という間接的な自分のエネルギーでも相手にしないこと

反応しないことが 何よりも自分を尊び 地球も尊ぶ そして平安が訪れる

 

私は 銀河の竪琴ひき

 

白雨はどこにでも 好きなときに望むだけ降り注ぐ

 

闇 それは自分でないものの意識を受け入れてしまった世界

光 それは自分自身を生きること 自分の口から 自分の目から 自分の全身から       ハートの意思を伝える 振動させること

 

白雨は闇を純白に照らしながら 降り注ぐ

そして光でもなく 闇でもない世界 

自分をいきる

 

ありがとう