読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

銀河の竪琴弾き

銀河の片隅の出来事をつづります♪  

スピハラ☆

指定なし

 

最近近所にできた新しいビルと広場

高い建物の中で食事をしていると

外の木が強い風で揺れていた

何だ この ざわめき

 

書籍を読んでいると ちっとも頭に入らない

入らないというより 一行 一句に 反応して 

その反応が巨大な情報に繋がり

それを思考できないほどのスピードで飲み込んでいく

次々と繋がる情報は まるで台風のように

そこにあった 自分のガラクタを吹き飛ばしていく

 

自分の課題の答えは 人の中にはない そこでひとつ瞑想でも・・・

一人静かに 自己と向き合うときでさえ

スピハラは静かに傍らにやってくる(笑)

 

あ 今 樹木とお話しされていたから~

ん? リーディング頼んでいませんよ~

しかも貴女に~

 

あなた 〇〇しようとしましたね~

ん?私はここに饅頭を買いにきただけで

リーディングなんて頼んでいませんよ~

しかもミスリーディング.... 間違っていますがぁ~

 

しかし おしいです もう少し背景を読んで その人たちが何を

お互いに気が付く為にいるのかをみてね そしたらGOODよ!

でもね それ貴方には全然関係ないのですよ

 

大変困った事に どちらも良いことをしたと思っているのと

自分が手助けしよう アドバイスしようと 上から目線で

もう ド迷惑な「のぞき=リーディング」を許可無くするのが

スピリチュアル・ハラスメント 「スピハラ」

 

そしてもっと困るのが ミスリーディングした結果

相手に不必要な自分の処方箋エネルギーを流したり・・・

お願いですから やめてね 具合悪くなりますから(笑)

 

これは実害がはっきりと感じられるので

ざわめきどころか あとでメラメラとこみ上げてくるものが

 

 

スピハラ そんな行為をしなければならない

自分の中にある問題をリーディングしてください(笑)

 

そしてこのスピハラ 隙をねらってクライアントにしようと

意識にも 無意識にも やる方がいるんですね。。。

 

しかも「のぞき」を自然と あるいは平気でしてしまうくらいなので

自分の特定のクライアント情報を 別の自分のクライアントへ

もしくは関係ない人にまで話す大先生もいます

また他人のその種の情報を大先生聞いてしまう方もいて

うっかりおしゃべりする先生もいて・・・

 

わかりました 凄いです

 

 

でも他の人には無い力を使って 

いえ まだ開花されいない力 思い出せない力を

一方的に使い 自分に有利に展開するのは暴力ですね

 

 自分とクライアント

自分と他人との健全な境界線を引いてくださいね

そして守秘義務を理解できたら素敵~

きっと自分も人も 楽に そして安心することができるでしょう

 

 

 

私は銀河の竪琴弾き

 

自分で考える

自分で感じ取る

 

人にそれを明け渡さない

 

判断を他人に任せない

それが見えない 聞こえないと思える世界でも

 

自分でそれをやっていると

見えてきます 聞こえてきます

 

すると得体の知れない情報を投げられても

心のざわめきは 起こらない

 

 

ありがとう