読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

銀河の竪琴弾き

銀河の片隅の出来事をつづります♪  

ひかり♪

 

最近ハープの練習をサボリぎみだったので

週末はエチュードをメインに練習をしました

ひとつ弦をはじいて驚き ん? 何だ この音?!

 

音が以前と変わっていました

 

それは深く 深く 温かみのある音

イメージ的には 昔のヨーロッパのお屋敷のような音(笑)

それってどんな音・・・ 

 

お屋敷の暖炉のあるサロンで

ゆったりしているようなイメージです(笑)

 

先生や自分もときどき驚くことがあります

一体どうやったら こんな音がでるのか?

優しく 軽やかで とても透明で 澄んだ音だったり

七色に変化することがあります

 

そんな音を聞いていると

自分が癒されていくことを感じます

自分の中の何かが満たされるのかな

 

でもこの音 これが安定しない・・・

 

しかし来客時に家で弾いたとき

涙ぐむ人や 癒されたと言ってくれた人

とても嬉しかったです

 

 

 

季節と万物を感じ 伝えられるような演奏を 人だけではなく

地球に共に生きるものたちへ 奏でたい

暖炉や太陽のように暖かく光を放つように

 

 

ひかり

今 わたしが感じる光を放つ人には

大まかには3種類あります

 

太陽のような ひかりもあれば

火のような ひかりも

もっと細分化すると たくさんの光があると感じます

 

そして3つ目の光

最近感じた 蛍光灯のような光を持った人

蛍光灯の光は助かることもありますが

 

火や太陽のような暖かさ

例えば 何かを鎮める 何かを癒す 何かを育てる力は

あまり感じられません・・・

 

何かのワークを受けて 光?をチャージしたのでしょうか

 

自分の精神 心が育っていない 満たされていないワーカーから感じるのが蛍光灯のような光

 

蛍光灯の光と 未熟なエネルギー 

自分自身の十分な浄化ができていないワーカー

 

 

私が2番目に 危ういと感じる 有料・無料ワーカー

自分一人で点滅して光っているだけなら まだ良いかも?しれません

 

しかし 自分を通して人にエネルギーを送る場合は

送ることも 何よりも受けることが要注意です

 

例えばエアコンのフィルター

お掃除をしてなかったら ホコリで目詰まりしています

シャワーとかで上から水を流すと 黒い水やホコリが流れます

そして綺麗になりますよね

 

このエアコンフィルターが そのまま 未熟ワーカなのです

上からどんなに綺麗な水(エネルギー)を仮に流せても

自分(ワーカー)を通ることで ドロドロな水(エネルギー)が

ポタポタと落ちてきます・・・ 

それでも 受けたいですか? 流したいですか?

 

前のブログにも書いた 

簡単にエネルギーが流せることで

受けること 流すことの危うさというのは 

この部分が大半です

 

 

ワーカーの全てがダメというわけではありません

未熟な段階を経て 貢献できる存在になる人もます

 

ただオールマイティーな対応ができたり?!

正しいエネルギーと繋がれるワーカーは限られています

 

よくよく普段の言動を見極めて エネルギーを選びましょう

必ず 違和感などを感じます

例えば付き合いがあるなら お世話になっているから

本当は見えているのに 「見えなくなる」 ことがないようにね 

 

 

どうしても興味があり 蛍光灯さんかも?って思ったら

蛍光灯さんは知識が豊富だったりするこもあります

その明かりを灯し 本を読んだり 何か探し物をするときは

役に立ったり助かることもあります

 

 

知識を聞くだけにしましょう

しかし それも自分が違和感を感じたなら

その知識にそれ以上 意識を向けないことも大切です

つまり巻き取られないこと 巻きつかせないこと

でも強い自分で臨めないと感じたら

係わり合わないことも大切です

 

 

 

私は銀河の竪琴弾き

 

自分が求めることを

自分以外から 制されることがないように

心ゆくまで求める

 

全ては自己責任のもと

求めるものを感じてみる

 

ゆきつくところまで 流れて 

初めて見えてくることが

聞こえてくることが 感じることがある

 

それは宇宙の恩寵と気付きへの道しるべ

必ずあるときに現れる道しるべに

私たちを見守る愛を感じます

 

道しるべを見落とさせなかった 愛

 

この愛に ありがとうございます を伝えます

 

 

水の戯れ

http://www.youtube.com/watch?v=h-VTC-znmco&feature=related