読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

銀河の竪琴弾き

銀河の片隅の出来事をつづります♪  

エナジーフィールドの刻印

 

夕方になると蚊が姿を現すようになった

近所のテラス広場にいると 必ず蚊の来訪を受ける(笑)

 

この1週間 クライアントと業務の確認をする機会が 幾度かあった

最近は もう自分が言いたい事や 自分のユニバース(世界観 価値観)だけを

自然と話すようになった

 

すると面白いというより 大変興味深い事に

ん?なんだろうこの話?!

何か知っているようで 忘れたかもしれない いや自分がどこかに置いてきてしまった

自分もそんなことを どこかで感じている・・・

そんなエナジーを相手から感じるようになった

対面する相手は 自分のユニバースのなかで紐付け作業や無限の可能性に

思いをはせていることが読み取れる

そして更に次々と相手から新しい可能性や夢や目標のようなものが出てくるようになった 

展開してゆくのだ

 

そこで 出来ない事はできないということもある

それはお互いの為にもハッキリさせる必要があることもある

こんな対話のお陰で 思わぬ自信が自分のなかに表れてきた

しかも それは 今後ゆらぐこともないであろうと感じられた

 

お相手と前回面談をしたときの帰り際 入館書類にサインをする

うつむいた姿に向かって こう心の中で伝えた

「お時間を頂き ありがとうございます どうぞご無理の無いようにお過ごし下さい

必ず事業は上手くいくでしょう 

ご自分の可能性を誰に遠慮するでもなく表現して下さいね」

そして 「愛しています ありがとうございます」と。

もう逢わないと思った しかし別の話しを提案していただけたこと

そして最後は 今の自分に一番必要である 私がコンサルとしてやっていく自信に

なるお話しまでいただけました

          f:id:nicemimi:20150702191749j:plain

写真出所:The Mad Journal (ここに住んでいたころが一番自信に満ち溢れていたかなっ)

 

それは人だけではありません

早朝の皇居周辺を散歩するとき お米やお菓子を持っています

小鳥たちに食べてもらいたいと思って持ち歩いていることを

彼らは知っているのです♪

目の前に飛来してきたり 背後に着地して気づくように囀ります

振り向くと目が合うところが面白い♪

食べてくれたら その姿にお礼を伝える

私は その姿を見られることに喜びを感じているのだから

 

カラスも寄ってきます

普段 道に落ちている小鳥の羽を拾っていると 何処で見たのか

自分たちの羽のあるところを教えてくれたり 口ばしでくわえて見せてくれます

 

私は銀河の竪琴ひき

 

エナジーフィールドに刻印される情報

それを 人も ほかの生き物も 感じ取る

なにがしたい?

何を成し遂げたい?

あざやかにエナジーフィールドに映し出し

相手のフィールドにも無限の可能性と愛を送る

それは情報となり刻印される

 

煌々と照らし出される その情報が誰の目にも

何の世界にも示されるていることを知っているだろうか

 

そのユニバースをみたとき

あなたは 私は何を感じるだろう

 

ありがとう

f:id:nicemimi:20111004095458j:plain