読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

銀河の竪琴弾き

銀河の片隅の出来事をつづります♪  

続 気がついたら

 

入梅したような この頃

激しい雨の音に窓辺に近寄る

なるほど大掃除ですね♪

 

昨日は昼間に予報に反して雨が強く降り出し

ランチ先から戻れない人が 周辺の軒先で空を仰いでいました

まもなくすると晴れとなり きっと何処かで虹がみえたでしょう

 

どんなに世の中を騒がそうと

目の前の本当に大切なことから注意をそらそうと

真に気が付いた人は その周辺の情報に目を耳を向けない♪

 

しかし そこに自分が同調する何かを感じたなら

また そのまとわり付くようなエナジーは

いつまでも形を変えて提供されつづけるので

そんなところから さらに古いゲーム(争いなどの低い周波数)をしている領域に

誘われることに気がついているでしょうか

 

そこに気がついたら 反応したなら 速やかに離れるか

慈しみの思いやるエナジーを送るだけ

周波数の荒いニュースや人々に近寄ることは

実は自分もそうですが 影響を受けた自分と係わる周囲の人々

大切な人たちにも そのエナジーをばら撒いていることになります

 

人の話を聞くときに 相手にも自分のためにも大切なのは

気づきのエナジーでしょう

それは例えば周囲の美しさを はっきり目に映すように 耳に聞こえるように

香りを楽しめるようにすることも気がつかせることになるでしょう

 

前述のように 自分の発する周波数が周囲への影響があることを伝えるのも

大切なこと 

なぜなら気がついていないから

気がついていても まだその周辺のエナジーを楽しむ?人は 

そんな役割をこなしていると思えば そこに見出す 映し出される

さまざまな姿を感じられることもあるでしょう

 

しかし 同調しないことで 締め付けるような 覆いかぶさるようなエナジーを

意識にも無意識にも送り出す人もいます

 

そんなときに大切なのは はっきり「私には関係ありません」と伝えること

そうすることで 次から次に本人の処理できないエナジーを

こちらに ばら撒かせない 持ち込むことができなくなります

意図するだけでも良いのですが 周波数が荒い場合は

それだけでは弱いので 伝えることが大切です

 

自分を護ることは 自分だけではないことに気がつくこと

自分の平安は世界の平安であることに気がつくこと

 

私は銀河の竪琴ひき

 

伝えること

それは自分も 相手も 周囲も 環境にも

様々に影響する

 

喜びや 嬉しさと「反する」気持ちを感じたら

それはなぜか?

自分と対話をしてみて

その原因がいつまでも 自分を捕らえているなら

そこから自分を解放することも大切

 

それをまだ握り締めていたいなら

好きなだけ そうする

ただ そこに自分のエナジーが流れ続ける事に気がつくこと

それだけ消費しても良いなら 好きなだけ しかし

エナジーもながれ 引き付けるものは 実はいらないもの

 

気がつくこと 気がつくこと 気がついたら

そんな自分が疲れていると気がついたら

簡単なこと それをやめればいいだけ

そのようなエナジーにも近寄らない

持ち込ませない

持ち込まない

 

ありがとう