読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

銀河の竪琴弾き

銀河の片隅の出来事をつづります♪  

気がついたら♪

 

今日の大手町の夕暮れ

1日中曇りなのかと思っていたら

ビルに反射した黄金の光♪

 

振り返って皇居の方角を見ると

空が重厚なゴールドの光を湛えていました☆

 

その時竪琴ひきは

手に花(バラと初雪草)と器(3つ)を持っていました

・・・確か器は一つ1千円 花は1本2百円~5百円の計7本

なのに合計が3千円???

          f:id:nicemimi:20150603211341j:plain

お店を後にして 大手町を歩いていた

「大手町の森」と言われる場所のベンチでレシートを見る                          f:id:nicemimi:20150603214725j:plain

ん? 確かに合計個数は合っている

が!単価が間違っている・・・

間違っていたのはコレ

              f:id:nicemimi:20150603210158j:plain

       100円ショップで買ったサボテンを植え替えるために買った器 

 

一瞬 いろいろ思った!

もしかして これはサボテンの天使からのプレゼント?

プラスチックの簡素な器から陶器の器にしようとしたから ご褒美か!!

わたしはツイているのか!?

 

いや気がついたからには 試されているな・・・

10分の1の価格で手に入れようとしたら手に入る状況にある

気がついていないなら貰っておく

しかしだ 気がついているのだ

                                    f:id:nicemimi:20150409084454j:plain

しかも花をセレクトしてくれたお姉さんは親切だった

こんな感情まで作り上げたからには もう自分の世界を偽るわけにはいかない

その「大手町の森」のビルB2にある花屋さんに戻った♪

正しい価格に交換 好感してもらうために☆

お店の全員から 感謝の美しい笑顔のお土産を頂き 地下街で食事をして帰った♪

 

 

私は銀河の竪琴ひき

見えないエナジーはある

誤解 勘違い 妄想に エゴによるもの

喜び 楽しさ 穏やかさによるもの

なんであれ人が 創り出すエナジーがある

どの感情を選択するかは 完全に自由

それを人(他人)はコントロールできない

特に気がついているもには決して 操作することはできない

気づきの加速 進化には助走がある 

 

自分自身が創りだした世界を心地よくするもの

そうでない世界にするもの自分次第

今 バラは香り高く部屋の空間に漂っている

 

ありがとう