読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

銀河の竪琴弾き

銀河の片隅の出来事をつづります♪  

リリース☆

 

朝夕の冷え込みが深くなってきた

オフィスの高層階から眺める景色も

秋の深まりを感じる色合いとなり

太陽の光さえも季節の移り変わりを伝えてくる

 

執務室では 風邪を引いている人も目立ち始めた

エチケットマスクすらしないので 流行の兆しを見せている

例えば 薬が飲めないので風邪を引けない人

家庭の状況で風邪をもって帰れない人もいる

そのような事に 状況に気が付けば

いくら苦しくても マスクくらいして頂きたいものだ・・・

 

さて 前回の記事に記した 人のエナジーの影響を受けないようにする!

これ実は 過去世でヒーラーや巫女などのような仕事をしていた人は

現世でも 人の厄のようなものを自分の体にとりこみ

人を苦しみから解放するというようなことをしている

 

それを現世でも 知らず知らずにやっていることがあるので

そのような体質 身に覚えが少しでもある人は

そしてそのようなこをしたくない人 

他人の厄に係わり合いたくない場合は

 

「私は 自分の体を通して人をヒーリングしません」

「私は 人のエナジーを自分の体に取り込みません」

「私は 人からのエナジーを体に受けている場合 それを全てリリースします」

これらを毎朝 そして気が付いた都度に声にだして あるいは心の中で

スッキリするまで自分に宣言しましょう

まったく消えてなくなりはしませんが 影響が小さくなり だんだん強くなります

 

今は人の厄を代わりにリリースするなど美徳ではありません

むしろ自分自身に対する冒涜です

 

また人が乗越えるべき課題 気づきの邪魔をしかなねいこともあります

 

そして中には このような法則を本能でも 確信でも知おり

自分のヒーリングのために 巫女のような役割の人に逢いに来る人もいます

その後に その人の体調に影響があると知っていてもです

何も知らず 元気をもらえると喜んでいる人がいる傍ら 寝込む人もいるのです

 

ヒーラーと言われる人で

この法則を心底理解していない場合 

自分の浄化ができていないことになります

そして知らず知らずに周囲やクライアントへ 

対処できていないものを投げていることもあります

 

知っているにも係わらず そのようにクライアントや

周囲へ放出していることもあるのです

 

ここでいう 自分が先 自分を満たすこと 愛することと云うのは

このような法則を理解し 対処できること 安心を提供できることなのです

 

一般社会でも同じ事です

例えば これから寒くなって ふぐやジビエが美味しくなってきます

正しい調理法を心得 処理できない場合はどうなるか

 

私は 人が人へするヒーリングは必要ないと思っています

全ては気づき 自分が何をしているのか 何を忘れてしまっているのか

それに気が付くこと

 

そして本来の強い自分自身の力を取り戻す事だと感じます

自分のことは 自分で気が付く事 癒すこと

自己卑下は何があっても しないこと 

 

 

私は銀河の竪琴弾き

 

スピリチュアルでなくても 乗越えた経験を語るのは

励みになったり 何気ないことが支えとなることもある

 

外に出した自分のエナジーを取り戻す

それは力強く 自分自身を大切にすることを宣言すること

愛のものとに 人に構うのではなく

自分を愛し 慈しみ 大切にすること 強くなること

 

そして それを教えること 気が付かせること それが愛

その気づきは 人だけでは 終らない

全てに慈しみを感じることができるでしょう

 

ありがとう