読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

銀河の竪琴弾き

銀河の片隅の出来事をつづります♪  

記録♪

今年は年明けのトルコでのイニシエーションツアーに始まり

近所のマリアトライアングルの一つ 神田教会での祈りで一区切り

 

何をみるのか

どこで捉えるのか

そして何を受取るのか

 

スピでなくても同じ事

いつもここで言う スピだから特別はない

そこへ逃げ込まない事 言い訳にしないことでしょうか

 

生きていることがスピリチュアル

 

さてエナジーバンパイヤー(エナジー枯渇者)という「?」な表現があるみたいね

その原因を究明し どのように対応・対処するのか

 

エナジーが枯渇する理由の「ひとつ」に 健全な親離れ 

独立できていないことがあります

家族からの過保護が そして過干渉(これは別の問題を起す)があります

エナジー補給を自分でてきていないことが原因で 常に人恋しく 寂しがり屋さんで

何かと人のエナジーに触れていないと不安になったり 

 

そこにあえてスピを持ってくるなら もっと深堀したリーディングを(必ず本人の同意を得る事)をしてどのように対応・対処するのか一緒に感じて 一人で歩んでいけるように導くことでしょうか

そして不足しているところにエナジー補給をする

ただしこれも必ず本人に何をするのか そうしてもいいのか どのような類のエナジーなのか 「自分」が流しても良いのかを説明と「承認」を得ることが大切です

 

なぜならエナジーを流す人の全てを分かっていないことが多いこともあります

仕事や何か集中が必要な作業 運転中など勝手にエナジーを流すと

その人にとって大迷惑なことも起きることもあるのです

私はこの経験があるので その大切さを実感しています

 

今となっては 心得ておかなければならないことを体験させて頂いたと・・・

対面しているときに多いケースとしてよく聞くのが 勝手に流れるから仕方ないという

ワーカーもいますが 実は自己投影をして 自然と流しているクセをコントロール

できていないだけのように感じます

そういうワーカーを見ていると こちらが苦しくしくなることがあります

なぜなら 自分の苦しい部分を投影しているのだから 

人の苦しさをつつくことになりかねませんね

 

その人は本当にあなたが見ている 感じている人ですか

低次元の(満たされていない)自分を反映しているだけではないでしょうか

まずは自分を満たしなさい その流したエナジーをどのように補給していますか

それとも感謝というエナジーをどこかで待っているのでしょうか

もしそうなら止めましょう

 

私は人から感謝されています

自分はこうしています 自分を認めてくださいと・・・

 

これが天使が見返りを求めるという ゆえんです

天使も自分の意識の一部 つまり「あなたの天使」は見返るを求める天使なのです

天使をチャネリングして違和感を感じるのであれば

それはその人の意識(現世・過去世)がどのように その意識体を活用していたのか

この影響もあるでしょう 

本来神聖であるその意識体でもある自分自身 素直に認められますか?

 

神聖な意識の自分自身は天使は見返りを求めません

 

自分で自由にしたリーディング情報を伝える人もいます

安易にその種の人に聞く人もいます

自分で考えて 感じる感性を信じましょう

とても大切です

 

だからワーカーも受取ることが必要なのです

受取る事 自分を満たすこと そして守ることも大切です

守ることとは何でしょう 気が付くこともあるでしょう

自分には何か必要なのか

 

エナジーバンパイアーなどいません

自立できていない 自己補給できていないだけなの

そしてそのような状態の人に上手く対応できていない

またそのような情報を流すことにより 触れることにより

人の分離を深められることになっていないか

感じてみて

 

自分で感じること 考えることをしないのもエナジー不足のひつとです

ただ中にはその力を それに気づくこと

その回路に詰まりが生じていることもあります

 

スピワーカーが回路を開くこともありますが

かかわりたくない方は 自然と対話してみるもの良いでしょう

大地に寝転がり 空を見る 星を見る

森の香り 花の美しさ 水の流れる音 動物の優しさに触れてみるのも良いでしょう

それは その美しさ 愛しさは 実はあなた自身なのですから

そこで感じてみて そして受取ってね

 

私は銀河の竪琴弾き

 

自分と人が比べられる世界を

誰が創造しているのでしょう

誰が受け入れているのでしょう

それは自分自身とそれを認めてた人たちだけでしか

展開されていない感情や世界 その感覚を経験しているだけ

 

鎖の解放

 

分離を感じさせる環境とは

それを静かに遡及して 感じてみて

 

気が付きましょう

自分が何に囚われているのか

心は自由 自分以外の誰かが取り扱えるものではないということ

 

どこへでも持っていける魂の記憶 

そこへ ハートへ何を記録 綴りましょうか

ありがとう