読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

銀河の竪琴弾き

銀河の片隅の出来事をつづります♪  

メッセンジャー☆

 

ひんやりした夕方前

今朝 母から送られてきた桃を

ご近所に分けに外出をする

 

あの奥様と逢えないかなぁ~

お渡ししたいなぁ~

 

おっ! 建物をでた途端に帰宅されたところに遭遇☆

桃 みんなとても喜んでくれるので

こんな話しを母に お礼と共に伝えるのもお仕事です(笑)

 

更にお世話になっているところへ 桃をお届けに伺う

日本の地方経済の活性化のために

全身全霊をつくしている人たち

 

表立ってスピを研究 追い求めているわけではないが

とっくに何かが作り出した善悪論の2極性を越えている

 

地方の小さな産業が中央市場に打って出ると 

行き着くところは どこかで同じようなことをすることになる

 

中央市場と言うヒエラルキーの頂点はわずか一握り 

そこへ参入するということは つまりヒエラルキーの底辺を支える

 

確かにその側面もあるな 

 

自分たちで 自分たちの地域でしかできないことを 

そこでことをなす ただ そこに居るだけでいい

わたしは そこにいる 自分たち以外の何者かになる必要はない

 

生きている これがスピリチュアル

地域経済面からも こんなところに辿り着きました

 

さて 楽しいお話しを聞かせてもらったあとは

食べ物を探してお出掛けする

 

都心のビルの谷間

あるのはコンビニとファミレス

 

加工され「気」の抜けた食品をみていると 息苦しくなる

 

最近 隣で肉食をされているだけでも

恐ろしさのようなものを感じるようになった

 

先ほどの地域再生コンサルとの話しで

生まれたときから 管理されている場所から

最期の時を迎える場所まで 何の希望もない「彼ら」

まるで工場生産されるかのような動物について話したとき 

「彼ら」の最期の話しを聞く それはもう知っている事だけど・・・

 

私は「友人を食べているように感じます」と話す

 

相手は「自分の母親を食べているように感じる」と

 

ドッキっとした 少し前に同じことを感じた事があったから

 

ある動物からは 人のことを想う 母のような愛を感じたから

人を想う そんな「彼ら」の想い 重いを知っていてまだ欲しがる

 

形を変えて 人に巡り 現れる 現象 

 

企業の経済活動にも 

それが顕著に現れてきているのを感じます

 

人の世でおきた事に心を痛める 多くの人々

 

人 以外も 共に 友に 生きていると感じる多くの人々

  

 

私は銀河の竪琴弾き

 

自分に一点集中する

他のすべてを消し去って

 

本当は 自分がどうしたいのかを感じてみる

 

そこには望みがあると気が付くはず

 

希望 夢 温かさ 穏やかさ 喜び 楽しさ 

 

それが幸せなら それは巡り来る

 

巡り 巡ってくるもの 

 

希望 それは気が付くこと

 

気が付くこと それが「彼ら」の希望です

 

気が付いたなら 何を想い 何が巡ってくるか

感じてみてね

 

ありがとう