読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

銀河の竪琴弾き

銀河の片隅の出来事をつづります♪  

羽♪

 

東京も春一番かな

電車が強風で遅延していました・・・

 

四季はゆっくりと巡ってゆき

夕方の太陽はのんびりと空に柔らかい光を残し

広場の草木といえば

あるものは今の時期に紅葉し

あるものは鮮やかに芽吹き

あるものは変容まえの蕾を膨らませている

 

人生の次元上昇のとき

螺旋を描いて昇り

過去に起こった同じような現象に遭遇しても

気が付かない

もしくはまったく別の対応ができる

別の楽しみ方ができる

 

見方 感じ方 とらえ方がまったく違う

 

これがしっかり自分の言動を意識して管理していると

自他に対して「いいわけ」をしなくなり

また周囲の目も気にならなくなる

 

段々と制約のなくなっていく自由を感じる

 

螺旋上昇の途中に起こる事は全て自己責任

これがなるべくして なることも 感じられると

更に人生楽しい(笑)

 

一見 まとわりついてくるようなことでも

自分がブレイクスルーするためのエネルギーなのだと思うと

自己管理はするものの 意外と迷惑とは思わなくなってきた 

それぞれが それぞれの気付きを体験していく途中だと感じられ

近しい関係でも 手を出さなくなる

 

今日 面白いメッセージを読んだ

 

「蝶を助けてはいけない」

 

サナギから蝶へ変容していくとき

羽をひろげようと一生懸命もがいている蝶

その羽を親切に広げるのを手伝うと

蝶は一生 その羽で空を自由に舞うことなく

地を這い回ることになるらしい・・・

 

必用以上の手助け うーん なんと迷惑なことか(笑)

自由に飛べるはずの羽を持っているのに

その邪魔をしてしまう 

しかも それが 美しい 良いこと だと思ってしまう・・・

 

自分で出来るはずの自助努力

自己で乗り越えなければならない課題を

苦労をしなくて済むように守る

 

一体どうなるか

そう 自分で考えられなく 行動できなくなりかねない

逃げの人生を選択してしまいかねない

逃げていること 言い訳をしていることすら気が付かない

 

 

その視点から

スピリチュアル界のエナジーワーカーをとらえると

 

感性が強いがゆえに

自己の感情をコントロールできない

 

感性が強いがゆえに

人のことが目に付き 頼まれてもいないのに手や口をだしてしまう

 

感性が強いがゆえに

また根源と繋がっていない場合は

エネルギーがつい対立してしまう先へ流れ疲弊する

 

まず自己と繋がり 天と地と繋がり 根源と繋がっていること

これが出来ていない 目覚めていないのにワークしてしまう

 

そんなエネルギーワーカーからのワークは一切受けないことにしています

 

なぜなら これまで実体験したことで全て

自分で なぜ受けないのか説明ができる経験をしたので(笑)

 

人の話し 本から得た知識などの2次的な情報は確認程度になっても

人に目覚めを起させるほどのきっかけを与えられない

 

自分の経験が全て 

 

有名な〇〇先生や 〇〇様が言っているからとかが

どうでも良いと思えるようになってきたら

 

自分の中から湧き出てきる新しい意識で自分をドライブできたら

いいわけもせず自己責任を取れるようになる

 

自分がどのレベルのエネルギーを使い

何をしているのか分からないワーカーには

自己責任は取れない

 

自己責任が取れなくてもワークするのか

それが取れないワーカのワークを受けるのか

 

自分で羽を広げるか

他人の羽を広げてしまうのか

 

それを見分けられるか

そこから何を感じ学びとるのか 

 

人はよほどのことがなければ

また自分で羽を広げる機会がある

 

それも自分次第 全ては自分

自己管理

 

 

 

私は銀河の竪琴弾き

 

いいわけをせず自己責任を取れるようにする

 

そうするには自分が何をしているか説明できること

 

人に依存せず 自立してゆく

 

その過程で 必ず自分と共鳴するエネルギーを感じてくる

 

ともに上昇しながら共鳴しつづけるのか

 

別の周波数を共鳴するのか

 

それも感じるまま いろんなものをそぎ落とし 上昇していく

 

 

人が他者への干渉 依存をやめ

 

そのエネルギーの全てを自分という宇宙へ向けたとき

 

共に羽ばたき次元上昇してゆく地球をはじめてヒーリングできるのでしょう

 

ありがとう