読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

銀河の竪琴弾き

銀河の片隅の出来事をつづります♪  

メソッド2♪

指定なし

 

雨上がりは空気が綺麗

夕方の広場は木々の香りが漂い

風にサラサラ揺れる葉音から新鮮な木からのギフトが

たくさん降り注いでいました

 

その並木道を歩いていると!!

木たちが「おつり間違えられているよー」って(笑)

レシートを確認すると・・・ 確かに 

ありがとう 返金してもらいました

 

さて「ビジネスコンサルタント」

いろいろな会社の困りごと(問題課題)に

あらゆる側面から調査分析をし 

ソリューション(解決法)を提案する仕事

 

1年以上前に そんなコンサル会社から転職説明会へ招かれ

とても興味深い質疑応答に遭遇しました

 

それは 会計士でコンサルタント出身で 

シリコンバレーの会社の代表になった人が

「ある一人の信頼する」ビジネスコンサルへ相談をするという話しをしました

 

つまり「ある一人の信頼する」 そのレベルのコンサルタントが

必要であるというリクルート活動の講演でしたが

 

その方への質問が

「そんな会計士でコンサルで社長のあたなが相談したいときはどんなときですか?」

 

なるほど とても興味深い良い質問です

回答は「自分の考えを誰かに確認したいと思うことがある」でした

 

普段考えていること 感じている事を信頼している人に

心を打ち明けて相談をしたい

いつもは自分で考え 判断しているものの確認をしたくなる 

 

その気持ちに共感をしたことを覚えています

 

そんな彼への 私からの質問は

「手抜きをしろ 落としどころつけろ」と言われることに違和感があります どう思われますか?

 

回答は 「手抜きをしたことがないし そんなこと考えたことがありませんが 

優先順位としての落としどころはあるでしょう」と この人なら 一緒に働きたいと感じた人でした

 

そう思ったのは その方の回答だけが響いたからではありません

その場で軽食が出されましたが

軽食BOXとドリンクを受取る姿や話し方を見ていました

つまり 当たり前のお礼が言えるのか

飲み物をリクエストするときのオーダーの仕方など

傲慢さや謙虚さなどを確認しておられたようです 

 

機微な気づきもない者が良い仕事 

顧客に満足感を与えられる度合いは高くない

というところだったと感じました

 

私からすると その方の思いが強く伝わってきたので

少々痛々しく感じましたが 実践で確認したことに勝るものはない自分の体験なのでしょう

 

 

スピリチュアルの世界でも同じ

そんな世界だからこそ 明確にすること

 

自分のメソット(自分が何をしているか)を

その時々で分かっていること

 

自分の感情に振り回されない仕事をしているか 心身が安定しているか

 

人の能力と自分の能力を比べて 優劣を測り相手を貶めていないか

 

求めてもいない不要なサービスを押し付けていないか

 

その人に合ったアプローチをしているか

 

クライアントへ自分の不満 他のクライアントの不満を言っていないか

 

これ 全て 一般社会でも必要とされている基礎ともいえるでしょう

 

スピだから特別はない

自分が求めたサービスと違う場合は意思表示をすること

相手の気づきも大切だけど 自分の気づきも大切

 

 

私は銀河の竪琴弾き

 

どの世界でも

その人が一番求めている 必要なメッセージを

依存させることなく伝えられているか

 

何を伝えても 変わるのは自分

 

変えられるは自分 自分自身

 

全ては自分

 

だから自由になれる

 

人は他人を変えるきっかけしか作れない

 

気づきを得たら 自立する 自活する

 

ありがとう