読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

銀河の竪琴弾き

銀河の片隅の出来事をつづります♪  

夢のお話 その2♪

指定なし

 

 

あれは一体 何処へ行ったのだろう

夢の中で霞む景色の中に山が見え

ひときは大きな木が2本 何かを象徴するように立っていた

 

夢の色はうっすらと白銀 

さらに薄い金色と白い霞に覆われた世界で

誰かの声が聞こえる

声の性別は男性 その景色の中に響き渡るように一言

 

「もっと自然を尊びなさい」と

 

もし たった数十秒でも空気なくなったら

 

呼吸ができないような環境(綺麗でない空気)だったら

 

私たちはいろんな存在に支えられている

そうでないと生きられない

 

自然を尊ぶ 

これも静かに自分と向き合って感じることなのでしょう

 

 

今月始め

日比谷のいつもの場所でアフタニューンティーを楽しみ

のんびりとした時間を過しました

 

でも途中でハートのチャクラの調子がいまひとつ・・・

そのあと青い小さな光がそばにきてくれたみたいで

体調を持ち直して家路につく

 

その数日前の深夜

エナジーセルフが凄い勢いでヒーリングしてくれていた

あまりのヒーリングの心地よさで目が覚めて

誰か知らないけど「あ・り・が・と・ぅ~・・・zzzz」とまた眠りに戻る

本当に守られているんだ 愛されているんだ 

 

私だけでなく 皆が

 

 

 

私は銀河の竪琴弾き

 

私たちが今 生きている事が

この世界から 宇宙から とてつもなく愛されている「あかし」

 

そのたくさん頂いた愛を

どうぞ周りに放って

 

それはとても簡単なこと

自分が生きている喜びを思うだけ

空間にその気持ちを放つだけ

 

そのエナジーと同じ

喜びのエナジーで包んでくれる

 

なぜかって?

それはね 周波数なんだよ

これがチャネリング

同じエナジー = 周波数

 

愛や喜びのエナジーは

同じ周波数と同調する

 

それが次々を結びつき大きくなると

この地球を宇宙を喜びの周波数で満たすでしょう

 

ありがとう