読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

銀河の竪琴弾き

銀河の片隅の出来事をつづります♪  

大好きな自分♪

指定なし

 

もう10月なるね

 

今週は山頂のキレイな紅葉から

空に浮かぶ雲から

ほほに感じる風から

足元の虫の美しい声から

あたたかい実りの色から

うつり行く季節を感じました

 

季節は秋でも私の住むところは

今日は騒がしかった夏の名残を感じさせる陽気

 

今朝 窓から見る道路に映る太陽の光に

なんとも言えない喜びを感じて

出かける前からわくわく感に満ち溢れていました

 

自分の意識に何を移す?映す?写す?

 

私がいつも経由する駅には長~いエスカレーターがあります

ここをいっきに駆け抜けるとき

 

「今日はどんなにハッピーで ヘブンリーで 

嬉しいこと楽しいこと 面白いこと ラッキーなことが

たくさんありますか?!」って心の中で大声で繰り返しながら

駆け上がります(笑)

 

そして「この長い階段は大好きな会社と仕事へ続く道」と

いいながら登ります!とても楽しいです

 

ふふ するとね

ほんとに楽しいことがたくさんあるの

今まで「気」がつかながったような喜びや嬉しさ

楽しさ 幸せな気分にみたされるの

 

気づき

これがワンネス アセッションなの

なにも特別な話しを聞いたり

なにかを用意したり

こっそりと秘密裏に何かをしなくてもいいの

 

日々の小さな気づき

自分に問いかけたとき ふっと答えが返ってくることがあります

自分と向き合っているだけで気づきが得られます

 

そう 他人と自分を比べたり

そんなエネルギーを漂わせるような

漂っている環境で知らず知らずに

誰かが誰かより優れていると言ったり

人が人を見下すようなことを言ったり

思い込ませる 感じさせるこを言ったり

 

ふふ 面白いわね そんな誰かの小さな経験の中に

広大な広大な可能性をもつ人を囲い込み

そんな誰かだけの小さな小さな事実でしかないことを

言ってしまうなんて(大爆笑)

 

でもそれで かけがえのない自分を見失うのは

誰かの中に映っている自分を気にしているからなの

だから外にエネルギーが流れ 漏れてしまって疲れるのよ

 

自分は自分のなかで

自分を信じて ひたすら自分を信じて 自分を愛して 

自分としっかり向き合っていればいいの

そうすると 人が何と言っても 思っていても気になりません

 

ふふ どうぞご自由に あなたに見えている私は本当の

私ではないし そんなことはどうでもいいの 

好きなように解釈してねって やり過ごせます

 

 

私は銀河の竪琴弾き

 

気づき 一つ気づくたびに 

あなたの 私の光は輝きを増してゆきます

 

一つの気づきを受け入れ その叡智に触れられたことを

喜びとして感じ ありがとうございますと感謝できたなら

つぎつぎと新しい気づき(叡智)を引き寄せることができます

 

その気づきはなんと素晴らしいことに

 自分の内から 自分の中から 

自分自身が知らせてくれているのです

 

そんな自分にであうには

自分を愛すること 自分を信じること

そうしていると 周りの景色(人 環境など)が

自分が変わった分 変わって行き・生き・良きます

 

自分の気づきを受入れるだけ

 

こんなシンプルな法則を教えてくれる

私という宇宙 私がいま足をつけている地球

 

私と係わる全てのエナジーに ありがとう