読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

銀河の竪琴弾き

銀河の片隅の出来事をつづります♪  

信じること♪

 

先週末は お気に入りの広場で

本を読みながらのんびり過しました

 

広場へ行った理由は一つ

あっ 2つだった

 

一つは そこに いつも居てくれる樹木とお話しをするため

もう一つは小鳥に逢うため

だからパンを一切れ持ってお出かけ

 

枝垂桜の横に置かれたテーブルと椅子に座って

カフェで買った「カキ氷」を食べながら本を読む

残暑が厳しくても日陰なので涼しくて気持ちいい

 

美味しくいただき 気分が落着いたところで

そっと意識を樹木や小鳥に合わせてみる

 

ハートから歌を歌っているといわれる小鳥

その小鳥に 近くに来て姿を見せてほしいとお願いする

そしてハートの開き方と歌い方を教えてと

 

しばらくすると とっても可愛い「すずめ」が一羽そばに来てくれました

パンをあげても食べません

 

なぜか同じ動きを何度も繰りかえし 可愛いしぐさをして

「パンが食べたくて来たんじゃあないよ、呼んだでしょう?」って

言ってるみたいで とても可愛い

その姿を見ていると木の上から小鳥の声もしてきました

 

ありがとう 来てくれて 声を聞かせてくれて

私の心が喜んでいるのが分かった

 

信じる

何を?

それは自分

 

自分を信じきること

何を聞かされても 言われても

自分を自分以外に預けないでね

 

自分以外に幸せをゆだねないこと

自分が自分でいられること

自分らしくいられること

 

 

誰かの歌の歌詞にもあるわよね

 

「想像してみて 天国も その反対も 国も 宗教もないって」

 そう創り出しているのは自分(人)なの

信じ込まされたり 刷り込まれたりね

そしてそれを疑う余地もなく過す システムのなかに組み込まれて・・・

 

そして人の何かを創り出すエネルギーは力強く素晴らしいの

 

 

私は銀河の竪琴弾き

 

自分の世界を人にゆだねない 明け渡さない

自分の世界は自由に築いていけるの

自分で選べるの 

その選択の機会と自由は誰にでもあるの

例え何処にいたとしても 一人りでも

 

独りで旅立つとき 自分が築いた世界とだけ旅をするの

 

そして自分の世界をどんなもので満たしていくのか

そんな楽しい夢に満ちた経験ができる地球

 

宇宙と地球と私とで築いていく世界があることを

教えてくれた全てのエネルギーに

私の喜びの世界を伝えます

 

ありがとう

 

 

 

 

「イマジン」 静かに 心の耳で聞き 心の目で読んでみてね

http://www.youtube.com/watch?v=TCBNF4_Zf9w